小陰唇縮小手術やナプキン対策でお悩み解消|コンプレックスさよなら

案内

摩擦を最小限にする

インフォ

ナプキンかぶれが発生してしまったら薬を塗ったりこまめにナプキンを変えるなどの対策をしなければなりません。デリケートゾーンはとても敏感で、ちょっとした炎症でも痛くてたまらなくなってしまいます。そんな敏感な場所なので、痒い程度のかぶれでもすぐに対処した方が良いです。単なるナプキンかぶれだと考えて放置してしまうのはもっとよくありません。かぶれという症状が重大な病気を悪化させる前触れともなるからです。カンジダ膣炎やトリコモナス膣炎など、性交渉などが原因で感染してしまう病気はかぶれが初期症状として出る場合があるからです。ナプキンかぶれの対策をきちんとしているのに治らないという人は、この性感染症に羅患している可能性があるので早めに対策をしましょう。すぐに気づくためにも普段からナプキンかぶれの対策はしておくべきです。

病気以外でナプキンかぶれが発生してしまう原因としては素材によるものだと考えられています。肌に刺激が与えられると表面が傷つきますが、布や紙、綿などの柔らかい素材であってもそれが触れ合う摩擦で肌は傷ついていくのです。それがデリケートゾーンになってくると皮膚の厚さも薄いですので余計に炎症を引き起こす可能性があるのです。コットン素材のナプキンであればかぶれを引き起こす摩擦を最小限に押さえることができるので、敏感肌の人は利用すべきです。通気性が良いコットン素材のナプキンであれば肌も蒸れません。このような肌に優しいナプキンは最近多くの企業で開発されているので利用しやすいです。